目次

カラファテ (アルゼンチン)


 カラファテは森や湖に囲まれた人口3000人の小さな町。ぺリト・モレノ氷河やウプサラ氷河、ロカ湖などの見どころを抱えるロス・グラシアレス(氷河国立公園)への玄関口。夏場は世界中から観光客が訪れる。

 1913年、北スペインの2家族が入植して「道の駅」を建てたのが町の始まり。1927年に羊産業の人々が入って、町としての体裁を整えた。短いメイン道路には木造家屋や可愛い看板が多く、まるで絵本の町をさまよっている感じだ。

            詳しくは旅行記チリ・アルゼンチン編」をどうぞ

画像をクリックすると拡大写真になります

1_thumb.jpg
2_thumb.jpg
レストラン
18_thumb.jpg
通りの看板
4_thumb.jpg
3_thumb.jpg
5_thumb.jpg
6_thumb.jpg
7_thumb.jpg
8_thumb.jpg
9_thumb.jpg
11_thumb.jpg
土産物店
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
商店街
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
24_thumb.jpg
ホテル
26_thumb.jpg
土産物店
27_thumb.jpg
25_thumb.jpg
まちの公園で

(2004年1月撮影)