目次

メルク修道院 (オーストリア)


 ドナウ川を見下ろす高台に建つメルク修道院は、11世紀にベネディクト派修道院として創建された。その後、18世紀初めにバロック様式に改築、現在に至っている。

 東門から入場し、噴水のある聖職者の庭、そして内部へと進むのが一般的な見学順路。修道院や図書室の天井を飾るフレスコ画は素晴らしい。

 修道院の宝物である宝飾の十字架は非公開。800年前の木造のキリスト像が薄明かりに中に浮かんでいる。

              詳しくは旅行記「オーストリア編」をどうぞ

画像をクリックすると拡大写真があらわれます

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg

(2002年9月撮影)