目次

ウルル-カタ・ジュタ国立公園の遊覧飛行 (オーストラリア)


 ウルル-カタ・ジュタ国立公園は、1958年に国立公園に指定されたアボリジニの聖地。総面積1325平方kmの広大な公園には、巨大な1枚岩ウルルと1枚岩が大小36にも分かれたカタ・ジュタが30kmほどの距離をおいて横たわり、国内有数の景観を誇っている。

 ウルルとカタ・ジュタを上空から眺めた。わずか30分間のリコプターで遊覧飛行だったが、方向を変える度に違った様相を見せ、光線の加減で色彩を変える巨岩と坊主頭は感動ものであった。

            詳しくは海外旅行記「オーストラリア編」をどうぞ

画像をクリックすると拡大写真になります

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg
56_thumb.jpg
57_thumb.jpg
58_thumb.jpg
59_thumb.jpg
60_thumb.jpg

(2009年9月撮影)