目次へ

セイバル(グアテマラ)


 セイバルはペテン県のフローレスから南西に約70km。3世紀から9世紀まで密林の中に栄えた古典期の都市遺跡で、最盛期には2万人が住んでいた。しかし、現在発掘されているのはごく一部だけ。

 遺跡観光はパシオン川をボートで遡らなければならない。セイバルとはセイバの木がたくさん茂っているところを意味し、ペテン県の密林には他にも大小さまざまな古典期の遺跡が眠っている。


               詳しくは旅行記「グアテマラ編」をどうぞ

画像をクリックすると拡大写真があらわれます

11_thumb.jpg
パシオン河畔のボート乗り場
12_thumb.jpg
入り口の標識

13_thumb.jpg
入り口の階段
14_thumb.jpg
密林
15_thumb.jpg
遺跡の模型
16_thumb.jpg
神殿
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
生け贄台
19_thumb.jpg
球技場?

20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
石碑
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
セイバの大木
25_thumb.jpg
復元神殿
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
石碑
29_thumb.jpg
マヤアーチ
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
眠る遺跡
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
木の実

39_thumb.jpg
セイバの若木
40_thumb.jpg
パシオン川

(2003年3月撮影)