目次へ

セントラル・マーケット(カンボジア)


 
セントラル・マーケットは、プノンペンの中心部に建つ市民の台所。フランス統治下の1937年にオープンしたマーケットは、黄色い外観の特徴ある建物。
 屋内には宝石店、仏具・仏像店、時計・メガネ店、文具や衣料、電化製品、生鮮食料、雑貨、土産物など、ありとあらゆる店が客を待ち、活気にあふれてる。戸外には露店が並び、シルク製品、Tシャツ、果物の商いが活発だ。
          
               詳しくは
旅行記「カンボジア編」をどうぞ

画像をクリックすると拡大写真になります

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg

(2007年11月撮影)