目次へ

プノン・ダー寺院跡(カンボジア)


 
プノン・ダー寺院が残るのは、プノンペンの南80kmのタケオからボートを乗り継いだ島にある。この辺りは扶南の都があったアンコール・ボレイ地区。寺院は聖なる小島に残るプレ・アンコールの遺跡である。
 131段を上りきった頂上に祠堂が建つ。入口の門はレンガ積み、お堂はラテライト(紅土)造り。入口の支柱に仏像のレリーフが施されていた。

 丘には他にも6世紀に建立された玄武岩造りのインド風寺院アスラム・マハルセイ、4つの祠があり、麓にはアンコール・ボレイ博物館もある。

           詳しくは旅行記「カンボジア編」をどうぞ

画像をクリックすると拡大写真になります

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg

(2007年11月撮影)