目次へ

バラサグン遺跡の野外博物館(キルギス)


 バラサグンは10世紀から13世紀に栄えた遊牧民族国家・カラハーン朝の遺跡で、ここは首都の一つであったと推定されている。廃墟に11世紀に建造された高さ24mのブラナ塔が建ち、その傍らの広野に石人を集めた野外博物館がある。

 石人はキルギス全土から集合した約70体。いくつかの石臼も同居している。石人は西突厥の戦士の墓石といわれ、大半は顔をクローズアップしたもの。とぼけ、穏やか、威厳などの表情が散らばっている。

           
詳しくは旅行記「シルクロード編」をどうぞ

画像をクリックすると拡大写真があらわれます

30_thumb.jpg
石人集合
10_thumb.jpg
野外博物館とブラナ塔
1_thumb.jpg
4_thumb.jpg
3_thumb.jpg
2_thumb.jpg
6_thumb.jpg
9_thumb.jpg
11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
26_thumb.jpg
ブラナ塔と石人
27_thumb.jpg
ブラナ塔
28_thumb.jpg
博物館全景
29_thumb.jpg
周辺の風景
8_thumb.jpg
石臼

(2004年9月撮影)