目次へ

イシク・クル湖(キルギス)


 イシク・クル湖は標高1606mにある「中央アジアの真珠」。万年雪や氷河をいただく天山山脈の2つの山並みに囲まれている。
 北側にクインゲイ・アラ・トー山脈、南側にテルスケイ・アラ・トー山脈が延び、どちらも天山山脈の最高峰・ポベタ峰(7439m)など7000m級の山々へと続く。

 湖の広さは東西180km、南北30-70km、周囲700kmで琵琶湖の9倍。あまりの広さからキルギスの海といわれる。南米のペルーボリビアにまたがるチチカカ湖に次ぐ高山湖。
 塩湖なので冬でも凍らない不凍湖。そのためイシク(熱い)・クル(海)と呼ばれている。


          詳しくは海外旅行記「キルギス・カザフスタン・中国編」をどうぞ

画像をクリックすると拡大写真になります

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg

(2004年9月撮影)