目次へ

プリズレン&プリシュティナ(コソボ)

 
 プリズレンは、セルビア王のミルティンがセルビア正教会の主教座を創建して以来、絹生産を中心とした産業や交易で繁栄。「セルビアのコンスタンチノープル」と呼ばれた。

 プリシュティナはコソボの首都。コソボ紛争で大きな打撃を受けたが、都市計画による復興で、道路の舗装や植樹、公共施設の修復が進んでいる。

                 詳しくは旅行記「バルカン半島編」をどうぞ

画像をクリックすると拡大写真になります

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
45_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
38_thumb.jpg
37_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
43_thumb.jpg
42_thumb.jpg
44_thumb.jpg

(2010年5月撮影)