目次

ヤルタ近郊U(ウクライナ)


バフチサライの宮殿&ツバメの巣


 バフチサライは、1532年からロシアに併合される1783年まで、クリミヤ・ハーン(汗)国の首都だった。そこには君主サヒブ・ギレイが16世紀前半に建てたオスマン・トルコ風の宮殿があり、ギレイ家の歴代ハーンが住んでいた。

 ツバメの巣は、1912年にドイツ人の富豪が恋人だったジプシーの歌手のために建てたといわれる城館。高さ40mほどの断崖に建っているので、この名がついた。

        詳しくは海外旅行記「ウクライナ編」をどうぞ

画像をクリックすると拡大写真になります

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg
56_thumb.jpg
57_thumb.jpg
58_thumb.jpg
59_thumb.jpg
60_thumb.jpg


(2010年7月撮影)