目次

ハジャラ (イエメン)


 ハジャラは8世紀にできた要塞の町。急峻な岩上にある旧市街は強固な城壁に守られてオスマン・トルコの攻撃を防御した。標高2300mの崖っぷちに5階、6階建ての住宅が身を寄せ合っている。

 旧市街に入る唯一の門を潜ると、玄武岩や花崗岩の切石を隙間なく積み重ねた壁が路地の両側に連なる。高層の家屋はハジャラ様式と呼ぶ独特の工法。
 崖の下は深い谷。斜面は住民たちの段々畑。コーヒーやカートの木が緑の曲線を描いていた。 
               詳しくは旅行記「イエメン編」をどうぞ

画像をクリックすると拡大写真になります

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg

(2005年2月撮影)