目次へ

タイズのスーク(イエメン)


 タイズは、12世紀にアイユーブ朝の首都がおかれ、国の首都だったこともある歴史の町。旧市街周辺には昔ながらの古い建物が残っている。

 スークにあるカビール門もその一つ。門を入ると、そこは商店街。縫製店、チーズ店、衣料品店、CD店など、あらゆる店が並んでいた。山上の要塞が見下ろす広場は露天商のたまり場。カートで頬を膨らませた男たちが果物や野菜、チーズ、穀物などを広げて商う。

             詳しくは海外旅行記「イエメン編」をどうぞ

画像をクリックすると拡大写真があらわれます

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg

(2005年2月撮影)