目次

松 藩 (中国・四川省)


 松藩は四川省の省都・成都から340km。少数民族の羌(チャン)族と回族が住む。古くからチベットと中国を結ぶ交通の要衝として栄え、現在は成都から黄龍や九寨溝への中継点として観光客が増加している。町の歴史は古く、秦の始皇帝が中国を統一した紀元前3世紀にはすでに記録があるほど。 

 この町で有名なのは、東西南北に設けられた城門と延長6kmに及ぶ城壁、それに古橋である。訪れたときは町の大改造中。セピア色の城壁をもつ北門周辺や南北に延びるメイン通りも大がかりな改修中だった。城門の近くに大きな完成予想図が展示されていたところを見ると、まさに21世紀の大改造のようだ。
 しかし、一歩裏道へ回れば昔ながらの人々の営みが続いている。
  
             詳しくは海外旅行記「中国編」をどうぞ

画像をクリックすると拡大写真があらわれます

34_thumb.jpg
北門の改修工事
1_thumb.jpg
北門
2_thumb.jpg
改修工事の完成予想図
3_thumb.jpg
メイン通り
4_thumb.jpg
メイン通り
5_thumb.jpg
メイン通り
6_thumb.jpg
7_thumb.jpg
古松橋と南門
8_thumb.jpg
古松橋
9_thumb.jpg
古松橋の上部
11_thumb.jpg
南門
12_thumb.jpg
南門
13_thumb.jpg
観音寺
10_thumb.jpg
観音寺
14_thumb.jpg
映月橋の上部
15_thumb.jpg
映月橋
16_thumb.jpg
映月橋
17_thumb.jpg
映月橋
18_thumb.jpg
南門
19_thumb.jpg
青空市
20_thumb.jpg
食堂
21_thumb.jpg
香辛料店
22_thumb.jpg
青空市付近
23_thumb.jpg
古松橋
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
散髪屋
26_thumb.jpg
ブティック
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
商店の扉
29_thumb.jpg
西門
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
35_thumb.jpg
30_thumb.jpg
郊外の清心寺

(2004年6月撮影)