目次へ

ブレーメン・ベットヒャー通り(ドイツ)


 
ベットヒャー通りは、マルクト広場からウェーザー川に向かって延びる100mほどの小さな通り。1902年のこと。荒廃した商館やハンザ商人の館など、中世の建物が、一商人によって再生された。

 通りの人気は、マイセン陶器の仕掛け時計(グロッケンシュピール)。30個の鐘が鳴ると同時に、ロゼリウスの家と隣家の間に設(しつら)えた仕掛け時計が始動する。     
  
             
詳しくは海外旅行記「ドイツ編」をどうぞ

画像をクリックすると拡大写真があらわれます

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg

(2008年5月撮影)