目次

リューベック市庁舎(ドイツ)


 市庁舎は自由都市のシンボルとして1159年に完成。ドイツ最古のゴシック建築といわれる。槍のような尖塔と壁の丸穴が特徴。
 黒煉瓦造りの建物と緑色の尖塔は、リューベック特有のもの。この様式は後にハンザ同盟都市が市庁舎を建設する際のモデルになったという。

              詳しくは旅行記「ドイツ編」をどうぞ

画像をクリックすると拡大写真になります

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg

(2008年5月撮影)