目次へ

聖シメオン教会跡(トルコ)

 
 
聖シメオン教会はアレッポの北西、カラート・サマーンにある。ロマネスク様式としては世界最初の教会。伝説の聖人、シメオンの威徳をしのんで建てられたもので、4つの寺院が放射状に連なる、当時としては斬新なデザインだった。

 シメオンは10年間の修行僧生活をした後、死ぬまでの36年間を柱の上で修行生活続けたという。1本目の柱は高さ3m、2本目は15mだったと伝えられるが、現在その面影はない。

                 詳しくは旅行記「シリア編」をどうぞ

画像をクリックすると拡大写真があらわれます

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg

(1999年10月撮影)