目次

バンパイン離宮(タイ)


 バンパイン離宮は、チャオプラヤー川の中州に建つ。アユタヤ王朝第26代のプラサート・トーン王が632年に造営し、歴代の王が夏の離宮として使用していた。
 ビルマ軍に破壊された後、タイ王国第5代の王ラーマ5世が1889年、現在の姿に蘇らせた。離宮は池に囲まれた内宮と、その外側の外宮に区分されている。

            詳しくは旅行記「タイ編」をどうぞ

画像をクリックすると拡大写真になります

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
21_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg

(2010年2月撮影)