目次へ

ブラ・レジア(チュニジア)

 
 
ブラ・レジアは紀元前4世紀ごろからベルベル人のヌミディア王国の首都として栄え、8000人が住んだ。1世紀にローマの属国になって新たな都市建設が行われた。

 ローマは肥沃な農地と盛んな農業に目をつけ、一時は農業と貿易で興隆し、人口も5万人を数えたが、ビザンチン以降に没落した。
 
 いまは丘の斜面を利用して階段状に造営した古代都市跡が残っているだけ。遺跡には浴場、劇場、神殿、野外劇場、キリスト教のバシリカ聖堂、洗礼堂や地下住居などがある。床モザイクが見事だ。

                  詳しくは旅行記「チュニジア編」をどうぞ

画像をクリックすると拡大写真になります

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
19_thumb.jpg
18_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg

(2002年11月撮影)