目次へ

スフェチュラ(チュニジア)


 
スフェチュラ(スベイトラ)は、ローマ時代にオリーブ油の生産で栄え、最盛期には1万人が住む大都市だった。都市が誕生したのは1世紀。スフェチュラ河畔にある町を見つけたローマ人が都市を造営したのが始まりと伝えられる。ビザンチン時代の5世紀にはカルタゴに次ぐ都市として栄えた。

 チュニジア国内で一番新しいローマ遺跡なので、あまり期待していなかったが、遺跡を辿ると繁栄の跡が随所にしのばれた。

      
        詳しくは旅行記「チュニジア編」をどうぞ

画像をクリックすると拡大写真があらわれます

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg

(2002年9月11月撮影)