目次

トゥルネー(ベルギー)


 フランス国境近くに位置するトゥルネーは、メロヴィング朝を興した初代フランク国王クロヴィス1世の出生地。このため「フランス揺籃の地」と呼ばれる。15世紀から16世紀にかけてタペストリー、18世紀には磁器の生産で栄えた。
 町の中心には、世界遺産に登録されているロマネスク様式の大聖堂と鐘楼が建ち、マルクト広場やギルドハウスなど、見どころも豊富。

       詳しくは海外旅行記「オランダ&ベルギー編」をどうぞ       

画像をクリックすると拡大写真になります

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
23_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg
56_thumb.jpg
57_thumb.jpg
58_thumb.jpg
59_thumb.jpg
60_thumb.jpg

(2011年4月撮影)