目次

ラ.パス(ボリビア)


 ラ・パスは、アンデス山脈の高原地帯(アルティプラーノ)にある標高3650mの町。世界で最も高いところにある大都市である。人口は100万人を超し、インディヘナが多く、少数ながらプレ・インカ時代の部族であるアイマラ族も住んでいる。

 狭い谷間の斜面を受け尽くすように密集するラパスを、霊峰イリマニ山が見守っている。帰国の朝、下町は雨だったが、空港は雪に覆われていた。

           詳しくは
旅行記「ペルー・ボリビア編」をどうぞ

画像をクリックすると拡大写真があらわれます

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg

(2002年6月撮影)