目次

チョベ国立公園(ボツワナ)


 チョベ国立公園はボツワナの北部にあって、総面積は11700平方kmに及ぶ。北東部のチョベ川沿いのセロンデラ、南西部のサブテ湿地、北西部のリンヤティの3地域から成る。アフリカゾウの生息数が多いのが特徴で、その数は10万頭とも7万頭ともいわれる。

 アフリカを代表する国立公園の一つで、ゾウの他にシマウマ、イボイノシシ、インパラ、ブチハイエナ、バッファロー、またダチョウやサイチョウなどの鳥獣が生息している。ジンバブエのビクトリアフォールズから70km。 
 
              詳しくは
旅行記「ボツワナ編」をどうぞ

画像をクリックすると拡大写真があらわれます

16_thumb.jpg
チョベ川の日の出
10_thumb.jpg
朝の散歩
11_thumb.jpg
クドゥ
1_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
バッファロー
15_thumb.jpg
2_thumb.jpg
3_thumb.jpg
コウノトリ
4_thumb.jpg
5_thumb.jpg
7_thumb.jpg
8_thumb.jpg
ハイエナ
9_thumb.jpg
インパラ
6_thumb.jpg
チョベ川の落日

(2003年8、9月撮影)