目次

ジャール平原の石壷群(ラオス)


 ジャール平原は、標高1000mほどのアンナン山脈の麓に広がる。平原の52か所に約1900個の石壷があり、そのうち3つのエリアで約400個を公開している。

 石壷群は1931年に発見された。紀元前5世紀から紀元8世紀までの1300年間にわたって造られ、使用されてきたと推測されているが、何の目的で造られたのかは諸説あって、謎の石壷群として学術上の論争が続く。自分たちはサイト1のみを観光した。
 
               詳しくは海外旅行記「ラオス編」をどうぞ
              

画像をクリックすると拡大写真になります

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg

(2010年11月撮影)