目次

ルアン・パバーンの托鉢風景(ラオス)


 上座部(小乗)仏教の国ラオスでは、早朝から僧たちが列をなして托鉢する風景が見られる。ルアン・パバーンは、町内のあちこちで行われる托鉢風景が観光の目玉にさえなっている。

 人々の喜捨はタンブンという。お供え物をして徳を積むと、それに見合った幸せを得られるという仏教の教えに従って、歩道に並んで僧列を待つ。老若男女が、貧富を問わずに寄進する風景は、美徳の極みを思わせる。 
 
           詳しくは海外旅行記「ラオス編」をどうぞ
              

画像をクリックすると拡大写真になります

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
35_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg

(2010年11月撮影)