目次

メキシコ国立人類博物館(メキシコ)


 国立人類博物館はメキシコ国内の遺跡から発掘された出土品の数々を展示する世界的にも有名な博物館である。

 1階にはテオティワカン、アステカ、マヤなどの各フロアがあり、アステカの神秘な宇宙観をシンボル化したアステカカレンダーの「太陽の石」をはじめ、チチェンイツァの生け贄台「チャック・モール」、テオティワカンの雨神像やケツァルコアトルの復元像などが見られる。

 メキシコのシンボルである鷲とサボテンとガラガラヘビの図案のもとになった石碑も展示されている。出土品で目を惹くのはユニークな彫像。とくとご覧あれ。
 

               
詳しくは旅行記「メキシコ編」をどうぞ

画像をクリックすると拡大写真になります

11_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
12_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg

(2002年2月撮影)