目次

オビドス (ポルトガル)


 オビドスは城郭都市。城壁の中に佇む町は、白壁の家や石畳の路地が中世の雰囲気を漂わせ、「谷間の真珠」とか「中世の箱庭」と呼ばれている。

 ローマ時代に海からの侵入を防御するために、砦が建設されたのが町の始まり。一時期、ムーア人に支配されたが、1148年にアフォンソ・エンリケス(アフォンソ1世)が奪回、白壁が美しい家並みに再建された。
 オビドスは1282 年から1833年約550年間、ポルトガル王妃の直轄地だった。

             詳しくは旅行記「ポルトガル編」をどうぞ

画像をクリックすると拡大写真になります

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg
56_thumb.jpg
57_thumb.jpg
58_thumb.jpg
59_thumb.jpg
60_thumb.jpg
61_thumb.jpg
62_thumb.jpg
63_thumb.jpg
64_thumb.jpg
65_thumb.jpg

(2007年9月撮影)