目次

ユーゲントシュティール建築(ラトビア)


 ユーゲントシュティール建築群は、リガ市内に点在しているが、とくにダウガワ川と運河に囲まれた500平方mほどのアルベルタ通り、エリザベテス通り辺りに集中。人間や花などをモチーフにした、こてこて装飾が外壁を埋めている。

 ユーゲントシュティールとは、19世紀から20世紀にかけて流行した新建築様式運動、アール・ヌーボのドイツ語。目の前に建ち並ぶ奇抜な建物は、リガの建築責任者だったミハエル・エイゼンシュテインの設計によるもの。
 
             詳しくは旅行記「バルト3国」をどうぞ

画像をクリックすると拡大写真になります

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
19_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
33_thumb.jpg
32_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg

(2008年8月撮影)