目次

エカテリーナ宮殿T (ロシア)


宮殿の内部


 エカテリーナ宮殿は、ブルーの壁と白い柱が連続するファサードが特徴。広大な庭園に囲まれて建つバロック様式で、ファサードの全長は325mもある。
 内部は55の続き部屋(アンフィラード)があって、柱の色から命名された「赤柱の間」や「緑柱の間」、金箔で内装された「王冠の間」などの部屋が並んでいる。

 宮殿は第2次世界大戦でドイツ軍に破壊され、装飾の金箔や琥珀のすべてが略奪された。戦後、国家的な事業として、修復工事が行われ、現在の姿に蘇った。

             詳しくは旅行記「ロシア編」をどうぞ

画像をクリックすると拡大写真があらわれます

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg
56_thumb.jpg
57_thumb.jpg
58_thumb.jpg
59_thumb.jpg
60_thumb.jpg
61_thumb.jpg
62_thumb.jpg
63_thumb.jpg
64_thumb.jpg
65_thumb.jpg

(2006年9月撮影)