目次

バッチャン村 (ベトナム)


 バッチャン村は11、12世紀から伝わるバッチャン焼きのふる里。田園地帯の小村に2000の窯があるといわ、村民の90%以上が陶器生産に関わっている焼き物の町である。

 メイン通りに軒を連ねる陶器店の店頭には、大きな花瓶から動物の小物まで、色彩豊かな作品が並べられている。また、
バイクの荷台に茶碗や花瓶などを積んで各店に配る宅配便、陶器運搬用の篭を積んだリヤカーの青年など、みんな忙しそうに働いていた。

               詳しくは旅行記「ベトナム編」をどうぞ

画像をクリックすると拡大写真になります

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg

(2008年11月撮影)