目次へ

要塞都市ベニ・ハマッド アルジェリア・1980年登録 文化遺産


 ベニ・ハマッドは、ベジャイア県の盆地にあるハマッド朝の要塞都市跡。ファティマ朝から逃れてハマッド朝を興したズィリ・ブロギンヌが、1007年にベニ・ハマッドを首都に定めて町を築いた。
 標高約1000mのオウエド・フラッド盆地に全長7kmの城壁を巡らし、その中に高さ25mのミナレットを持つモスク、彩釉タイルや鍾乳石飾りで装飾された宮殿などが建てられた。

        
 詳しくは海外旅行記「アルジェリア編」をどうぞ

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg

(2009年11月撮影)