目次へ

ジェミラの考古遺跡T アルジェリア・1982年登録 文化遺産


セプティミウス・セウェルス帝時代のエリア


 ジェミラの考古遺跡は、フェニキア人のローマ都市遺跡。5賢弟の1人、ネルヴァ帝時代の1世紀にローマの植民地に昇格し、徐々に都市機能が整えられた。

 標高900mの尾根に拓けた町には、フォルム(公共広場)やカピトリウム神殿、セプテミウス・セウェルス帝の神殿、パジリカ、カラカラ帝の凱旋門などが相次いで建設された。町はネルヴァ帝時代の北側地域、セプティミウス・セウェルス帝時代の南側地域からなる。

         
 詳しくは海外旅行記「アルジェリア編」をどうぞ

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
28a_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg
56_thumb.jpg
57_thumb.jpg
58_thumb.jpg
60_thumb.jpg

(2009年11月撮影)