目次へ

ティパサの考古遺跡 アルジェリア・1982年登録 文化遺産


 ティパサは北アフリカ有数のキリスト教徒居住区跡。面積はざっと60f。全長2kmの城壁が町を囲み、数か所に門や塔が設けら、城壁の内側にはバシリカ大聖堂、公共広場、カピトリウム神殿、浴場、円形闘技場、住宅などが残る。
 
 しかし、遺跡の大部分は、ホテルなど近代的な建物の下に眠って、現在は発掘が不可能な状態。荒廃の激しい遺跡なので、写真を多めに掲載した。

          
 詳しくは海外旅行記「アルジェリア編」をどうぞ

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg
56_thumb.jpg
57_thumb.jpg
58_thumb.jpg
59_thumb.jpg
60_thumb.jpg
61_thumb.jpg
62_thumb.jpg
63_thumb.jpg
64_thumb.jpg
65_thumb.jpg
66_thumb.jpg
67_thumb.jpg
68_thumb.jpg
69_thumb.jpg
70_thumb.jpg

(2009年11月撮影)