目次へ

ゲハルト修道院とアザト渓谷 (アルメニア・2000年登録 文化遺産)


 ゲハルト修道院は、荒々しい岩壁に囲まれた標高1750mのアザート渓谷にありる。4世紀ごろ、各国のキリスト教修道士たちが迫害から逃れて、アルメニアに集まり、岩壁をくり抜いて3層の主聖堂や廟、僧房などを建造した。

 現在の姿になったのは13世紀ごろ。主聖堂は黒っぽい玄武岩づくり。外壁にゲハルト村のシンボルだというヒョウが羊を襲っている浮き彫りが見られる。

 堂内は洞窟そのもの。丸天井の明かり採りがあり、そこから差し込む光が、堂内をぼんやりと映し出す。目が慣れてくると、祭壇があり、装飾を施した柱があり…といった、堂内の様子がつかめる。

              詳しくは旅行記「コーカサス3国編」をどうぞ。

画像をクリックすると大きな写真になります

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
31_thumb.jpg
30_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg

(20007年6月撮影)