目次

ハフパット修道院&サナヒン修道院 (アルメニア・1999年登録 文化遺産)


 ハフパット修道院はアルメニア北部のトゥマニャン地方にある。バグラトゥニ朝時代の10世紀後半に着工。11世紀から13世紀にかけて増築されて、現在の姿になった。「強固な壁」を意味する頑丈そうな建物。「ウラルトゥ王国ハフパットの聖十字架」とも呼ばれる。

 サナヒン修道院が建造されたのは10世紀。タシル・ツォラグト朝の庇護を受けて、13世紀まで中世アルメニアの学問、芸術の中心だった。高台に修道院は屋根全体が野草に覆われ、苔むしていた。名前通りの「古い修道院」。
 
            詳しくは旅行記「コーカサス3国編」をどうぞ。
 

画像をクリックすると大きな写真になります

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg
56_thumb.jpg
57_thumb.jpg
58_thumb.jpg
59_thumb.jpg
60_thumb.jpg
61_thumb.jpg
62_thumb.jpg
63_thumb.jpg
64_thumb.jpg
65_thumb.jpg
66_thumb.jpg
67_thumb.jpg
68_thumb.jpg
69_thumb.jpg
70_thumb.jpg
71_thumb.jpg
72_thumb.jpg
73_thumb.jpg
74_thumb.jpg
75_thumb.jpg
76_thumb.jpg
77_thumb.jpg
78_thumb.jpg
79_thumb.jpg
80_thumb.jpg

(2007年6月撮影)