目次へ

チミアジン大聖堂とスヴァルトノツ大聖堂U (アルメニア・2000年登録 文化遺産)


ズワルトノツ大聖堂跡


 ズワルトノツ大聖堂は7世紀の建造。創建当時は高さが50mもある円形の3階建てで、「魂のよりどころ」として厚い信仰を集めた。しかし、10世紀の大地震やアラブ人の侵攻などで、ことごとく破壊された。

 広い境内にはギリシャ風の石柱が残り、そこここにブドウや十字架などの装飾が残る建物の破片が転がっている。アルメニアの装飾はブドウの葉や実、ザクロの実をデザインするのが特徴。

              詳しくは旅行記「コーカサス3国編」をどうぞ。

画像をクリックすると大きな写真になります

51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg
56_thumb.jpg
57_thumb.jpg
58_thumb.jpg
59_thumb.jpg
60_thumb.jpg
61_thumb.jpg
62_thumb.jpg
63_thumb.jpg
64_thumb.jpg
65_thumb.jpg
66_thumb.jpg
67_thumb.jpg
68_thumb.jpg
69_thumb.jpg
70_thumb.jpg
71_thumb.jpg
72_thumb.jpg
73_thumb.jpg
74_thumb.jpg
75_thumb.jpg

(20007年6月撮影)