目次へ

チミアジンの大聖堂とスヴァルトノツの考古遺跡T (アルメニア・2000年登録 文化遺産)

チミアジンの大聖堂


 エチミアジン大聖堂はアルメニア正教の総本山。アルメニアが世界最初のキリスト教国になって間もなくの303年に建造された。国内最古、世界でも初めての正式な教会という。
 5世紀に木造の屋根を改築、7世紀に上から見ると十字になる現在の姿に改修された。大司教庁、神学校などが併設されている。

              詳しくは旅行記「コーカサス3国編」をどうぞ。

画像をクリックすると大きな写真になります

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg

(20007年6月撮影)