目次へ

ヴァッハウ渓谷の文化的景観 オーストリア・2000年登録 文化遺産


 ヴァッハウ渓谷はオーストリアを経て黒海へ注ぐ全長2860kmの大河ドナウの一部。メルクからクレムスまでの35kmの渓谷は「銀色に輝く帯」といわれ、ドナウ・クルーズのハイライトである。

 2時間30分のクルーズだが、主な見どころは9か所。スタート地点のメルク修道院をはじめ、シェーンビューヘル城、強盗騎士の城に使われていたアックシュタイン、旧石器時代のヴィーナス像が出土したウィレンドルフ、ワインの産地のシュピッツなどが次々に登場して、目を楽しませてくれる。
 

            詳しくは旅行記「オーストリア編」をどうぞ。


(画像をクリックすると大きな画面に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg

(2002年9月撮影)