目次へ

城塞都市バクー(アゼルバイジャン2000年登録 文化遺産


 バクーはカスピ海に突き出たアプシェロン半島にあるアゼルバイジャン最大の都市。かつてのシルクロードの要衝であり、拝火教の開祖であるゾロアスターゆかりの地でもある。

 アジアとヨーロッパを結ぶ位置にあり、ラクダや馬を引き連れた隊商が行き交い、カスピ海の南路、北路を辿りながら東西へと交易を広げた。
 バクーを拠点に国内のシェキを通りコーカサス山麓からトルコ・アナトリア高原へと続く道は重要なルートだった。

             
 詳しくは旅行記「コーカサス3国編」をどうぞ。

画像をクリックすると拡大写真になります

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg

(2007年6月撮影)