目次へ

ゴブスタンの岩石芸術(アゼルバイジャン・2007年登録 文化遺産


 ゴブスタンの岩石芸術は首都・バクーの郊外にある石器時代の岩絵遺跡。奇岩が連なる広漠の中に6000点ほど岩絵が点在している。
 岩絵は5つの山に分散されていて、自分たちが見学した場所には主なもので77の絵がある。

 岩肌に刻まれた線刻画は舟と人間、踊り子、馬やブタらしい動物など。風化して鮮明とはいえないが、狩猟や何かの儀式らしい場面を想像させる絵も見られた。
   
           
 詳しくは旅行記「コーカサス3国編」をどうぞ。

画像をクリックすると拡大写真になります

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg

(2007年6月撮影)