目次へ

ミール地方の城と関連建物群 (ベラルーシ・2000年登録 文化遺産)


ミール城


 ミール城は15世紀末から16世紀初めにかけて建造された。漆喰装飾の外壁が美しい石造建築で、城の四隅に塔が建つ独特の構造。回廊式の宮殿内には40の部屋がある。
 築城以来、何度も所有者が代わったり、ナチス・ドイツ軍に接収されてゲットーなるなど、数奇な運命を辿った。
 訪れたのは曇天の夕方。外観だけを急ぎ足で見て回った。

           詳しくは「ベラルーシ旅行記」をご覧下さい
 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg

(2010年7月撮影)