目次へ

ティワナコ遺跡ボリビア・2000年登録 文化遺産


 標高3850mの高原地帯に発展した広さ16万平方bに及ぶ巨石文明の都市遺跡である。紀元前1200年ころ、チリ北部からの移民たちが広めたティワナコ文化は、紀元前6世紀から12世紀ごろまで続いた。

 この遺跡はアンデスの創造神、ビラコーチャなど多くの神を祀る宗教都市として造営されたのでは、といわれるが、発掘調査は道半ばで、まだまだ謎の多い遺跡だ。

           詳しくは旅行記「グアテマラ・ホンジュラス編」をどうぞ。
 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
30_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg

(2002年6月)