目次へ

古代都市ネセバル (ブルガリア・1983登録 文化遺産)



 ネセバルは黒海に突き出した岬の突端に築かれた町。長さ400m、2車線の「海の中道」で陸地と結ばれている。

 紀元前10世紀にトラキア人によって拓かれ、その後入植したギリシャ人が町の体裁を整えた。紀元前1世紀にはローマ帝国の支配下になり、さらに5世紀前後にはビザンチン帝国が君臨。

 町がもっとも栄えたのは第2次ブルガリア帝国のころで、施政者たちは競って教会を建造した。しかし、この町もご多分に漏れず、1453年にはオスマン・トルコに侵略され、1878年まで統治される運命に。

         詳しくは旅行記「ルーマニア・ブルガリア編」をどうぞ

画像をクリックすると大きな写真に変わります

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg

(2003年6月撮影)