目次へ

ハンザ同盟都市リューベック ドイツ1987年登録 文化遺産


 リューベックは、ドイツ最北端のシュレスビヒ・ホルシュタイン州にある港湾都市。1358年にハンザ同盟の中心となり、17世紀ごろまでスカンジナビア諸国などとのバルト海貿易で栄えた。

 
旧市街にはハンザ同盟当時の中世ゴシック建築が残り、7つの塔のある町ともいわれる。空爆後の再建が進み、「バルト海の女王」の町並を蘇らせた。
          
              詳しくは海外旅行記「ドイツ編」をどうぞ。 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg

(2008年5月撮影)