目次へ

ヌビアの遺跡群 エジプト・19794年登録 文化遺産


 ヌビア地方はエジプトの最南部。アブ・シンベルからアスワンまでの約280kmのナイル川上流一帯をさす。アスワン・ハイ・ダム建設から救われたアブ・シンベル大神殿をはじめ、フィラエのイシス神殿、カラブシャ神殿などの遺跡がある。

 アブ・シンベル大神殿は新王国時代の紀元前1250年頃、ラムセス2世が建立した。正面のラムセス2世像4体は高さが21mもある。神殿内には大列柱室、小列柱室、至聖所、副室などがある。また、隣には王妃ネフェルタリのためのハトホル神殿が建つ。

 ナイル川に浮かぶ小島、フィラエ島に残るイシス神殿は紀元前4世紀から紀元3世紀ごろにかけて建立された。

             旅行記は掲載していません
 

画像をクリックすると大きな写真になります

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg

(1996年1月撮影)