目次へ

古代都市テーベとその墓地遺跡 エジプト・1979年登録 文化遺産


 アメン信仰の聖地、テーベ(現ルクソール)は紀元前16〜11世紀に首都が置かれ、中王国から新王国の間、古代エジプトの首都として栄えた。世界遺産に登録されているのは、ナイル川東岸の「生者の都」と西岸の「死者の都」と呼ばれる地域。

 東岸にはカルナック神殿やルクソール神殿、西岸には王家の谷、ラムセス6世王墓 、ハトシェプスト女王葬祭殿、メムノンの巨像などがある。

 古いネガをスキャンしたため、画像が粗く、色調にばらつきがある。ご容赦を。
           
               旅行記は掲載していません
 

画像をクリックすると大きな写真になります

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg
56_thumb.jpg
57_thumb.jpg
58_thumb.jpg
59_thumb.jpg
60_thumb.jpg
61_thumb.jpg
62_thumb.jpg
63_thumb.jpg
64_thumb.jpg
65_thumb.jpg
66_thumb.jpg
67_thumb.jpg
68_thumb.jpg
69_thumb.jpg
70_thumb.jpg

(1996年1月撮影)