目次へ

メテオラの修道院群 ギリシャ・1988年登録 文化遺産


 メテオラの修道院群はギリシャ中部の険しい奇岩の上に建っている。柱状や尖塔状に屹立する高さ20-400mの岩峰が約60。15、16世紀にはその頂上に24の修道院があったというが、現在は6つだけが活動を続けている。

 大メテロンと呼ばれる男性の「メガロ・メテロン修道院」と女性の「聖ステファノス修道院(アギオス・ステファノス)」などでは敬虔なギリシャ正教の修道士、修道女たちが暮らしている。

 
          詳しくは旅行記「ギリシャ編」をどうぞ
 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

30_thumb.gif
24_thumb.gif
大メテロン
7_thumb.gif
大メテロンへ
4_thumb.gif
115の階段
6_thumb.gif
大メレロン
18_thumb.gif
修道院
26_thumb.gif
用具展示場
19_thumb.gif
20_thumb.gif
修道院から
25_thumb.gif
14_thumb.gif
作業用ゴンドラ
21_thumb.gif
17_thumb.gif
23_thumb.gif
尼僧院
15_thumb.gif
尼僧院で
22_thumb.gif
27_thumb.gif
29_thumb.gif
3_thumb.gif
9_thumb.gif

(1998年9月撮影)