目次へ

アンティグァ・グアテマラ グアテマラ・1979年登録 文化遺産


 アンティグアは標高1530mにあるかつての首都。スペイン人が建設した植民都市は地震や火山噴火で壊滅。1543年にすぐ近くのアンティグアに町を再建し、中央アメリカの要を担う総督府(首都)を置いた。

 町はアグア、フェゴの2つの火山が聳える地震多発地帯。1773年にも大震災が発生して壊滅的打撃を受け、総督府はグァテマラシティへと移された。その後は歴史に名を残す古都として現在に至っている。

        詳しくは旅行記「グアテマラ・ホンジュラス編」をどうぞ。

 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg

(2003年3月撮影)