目次へ

ティカル国立公園 グアテマラ・1979年登録 文化・自然遺産


 ティカルはグァテマラ北部、ペテン県の密林に栄えたマヤ文明最大級の都市遺跡。紀元前5世紀ごろから人が住み始め、紀元後10世紀頃にかけて存在した。

 紀元250年ころには宗教、商業、文化都市に成長し、もっとも栄えたのは7世紀から9世紀半ばころ。そのころに6万人以上が住むマヤ最大の都市に発展。

      詳しくは旅行記「グアテマラ・ホンジュラス編」をどうぞ。

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

2_thumb.gif
案内所
1_thumb.gif
遺跡模型
14_thumb.gif
4号神殿
19_thumb.gif
4号神殿への階段
52_thumb.gif
樹林の神殿群
17_thumb.gif
4号神殿
54_thumb.gif
4号神殿の階段
6_thumb.gif
密林
7_thumb.gif
コンプレッホQ
11_thumb.gif
マヤアーチ
9_thumb.gif
チタム王の石碑
12_thumb.gif
コンプレッホR
20_thumb.gif
失われた世界
58_thumb.gif
70_thumb.gif
3号神殿
24_thumb.gif
4号神殿
23_thumb.gif
3号神殿
60_thumb.gif
グラン・プラザ
62_thumb.gif
1号神殿
64_thumb.gif
1号神殿
1号神殿
63_thumb.gif
ノース・アクロポリス
29_thumb.gif
2号神殿
67_thumb.gif
急な階段
73_thumb.gif
セントラル・アクロポリス
68_thumb.gif
ノース・アクロポリス
72_thumb.gif
7つの神殿の広場
3_thumb.gif
ハナジロハナグマ
4_thumb.gif
七面鳥
74_thumb.gif
5_thumb.gif

(2003年3月撮影)