目次へ

ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区 (ハンガリー・1987年登録 文化遺産)


 ブタペストは1873年にブタ地区とペスト地区が合併して新首都になった。ハンガリー最大の都市で、町のシンボルはを両地区を結ぶくさり橋。ドナウ川を挟んだブタの丘の上にはブタ城が建つ。

 町は第2次世界大戦や1956年のハンガリー動乱で大きな打撃を受けたが、「ドナウの真珠」と称えられる美しい町並みは健在。

           詳しくは旅行記「ハンガリー・チェコ編」をどうぞ。
 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

1_thumb.jpg
くさり橋夜景
3_thumb.jpg
朝のくさり橋
2_thumb.jpg
くさり橋
18_thumb.jpg
ブタ城の王宮
14_thumb.jpg
国会議事堂
19_thumb.jpg
ドナウ川
12_thumb.jpg
くさり橋
7_thumb.jpg
ブタの丘
10_thumb.jpg
マーチャーシュ教会
15_thumb.jpg
マーチャーシュ教会周辺
8_thumb.jpg
王宮遠望
9_thumb.jpg
ブタの丘
6_thumb.jpg
漁夫の砦
21_thumb.jpg
聖三位一体像
20_thumb.jpg
王宮の夜景

(2001年6月撮影)