目次へ

エローラ石窟寺院Wインド・1983年登録 文化遺産

第10窟(塔院窟) 第5窟(僧院窟)


 エローラの石窟は全部で34窟。7−8世紀の仏教窟、6−9世紀のヒンドゥー教窟、9世紀ごろのジャイナ教窟が同居するインド最大規模の石窟群である。

 第10窟は2階構造。正面2階の明かり採りの上に、肉感的な飛天の浮き彫り、また2階外壁に様々な仏像が彫られている。ストゥーパ(仏塔)には仏陀座像が鎮座していた。第5窟はエローラ石窟群で最大のスペースを持つヴィハーラ窟(僧院窟)。

 
              詳しくは海外旅行記「インド編」をどうぞ。 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg

(2008年1月撮影)